CLISTA! とは? ― 医療用DWH CLISTA!

医療用DWH(データウェアハウス)システムである CLISTA!  は、「Clinical(診療)」 と 「Statistics(統計)」 の2つの言葉をつなぎ合わせた製品名です。

電子カルテ、オーダリング、医事データなど、様々なシステムに分散し、データ形式もバラバラで蓄積された患者データを全て同じ環境下に「統合」することで、データの集計や統計、検索などを簡単に行うことができ、二次活用しやすい環境を実現します。

また、日々の運用の中でファイルが増えた場合も、ファイルを柔軟に取込み、同じ環境に入れることが可能なため、タイムリーに統計情報を出力、データ検索による参照閲覧など、常に新しい情報データベースとしての活用が可能です。

 

2008年の正式リリースから、現在、全国100施設以上の病院で導入されています。

病院様のあらゆる指標を数値化・見える化。検索・統計だけでなく、原価計算や疾病管理もできるDWHで、経営支援や業務支援、診療支援、研究支援を行います。

効率的な集計・統計環境、検索環境により、病院内で広くデータ活用の仕組みを展開することができ、病院運営における強力なサポートツールとして役立てることができます。

(株)医用工学研究所 ホームページ

https://www.meiz.co.jp/